Shinnchai Log

マーケとお坊さん。時々、カメラ。

URLパラメータとは?取得・付け方を解説【簡単にできる方法を紹介!】

URLパラメータ 取得 付け方 一覧 設定方法 メリットの画像

こんにちは!お坊さんマーケターのさとしです。

本記事では、アクセス解析をより詳細に行うために、URLに付与するパラメータについて設定方法計測方法についてご紹介いたします!

パラメータの設定は、アクセス解析をする上で重要な要素なので、設定すべきです。

Google Analyticsでの計測を前提にしているので、Google Analyticsの導入がまだの場合は先に導入いただくのがいいかと思います。

一応、Google Analyticsがなくても、URLパラメータの計測はできますが、本記事ではその方法については説明しておりません。。。

URLパラメータとは?

パラメータとはこちらで設定可能な変数のことです。

URLに付けるとその情報がサーバーに送られます。それぞれに違う変数が割り当てられているので、それを識別出来るように設定しておくことで、ユーザーがどこから対象のwebページに訪問してきたかを計測することが出来るのです。

URLパラメータ 取得 計測 仕組みの画像

アクセス解析をする場合ツールにもよりますが、メルマガやアプリからの流入の場合、流入経路を判別することが出来ません。 (Google analyticsでは、「direct」となっていると思います。)

そうすると、詳細なユーザー分析が行えず様々な改善対策の機会を失ってしまうことになるのです。

(厳密には、アクセス解析以外に使用するパラメータもあるのですが、本記事では説明は省きます。)

URLパラメータ取得のメリット

パラメータのメリットは、サイトにアクセスしてきたユーザーが「どこから」、「どういう経路」を辿ってきたのか?を把握することが出来る点です。

  • どのメディアから来たユーザーか把握できる (webブラウザ以外でも)
  • 複数の広告やLPを出稿している場合、その区別をつけてアクセスを把握できる

どのメディアから来たユーザーか把握できる

現在webメールのセキュア化が進んでおり、この場合参照元を把握できません。また、アプリケーションでのリンククリックからのアクセスの場合も参照元なしになってしまいます。

しかし、パラメータをリンク先のURLに仕込んでおくことで、そのユーザーがどこから来たのか参照元を判別することが出来るのです。

複数の広告やLPを出稿している場合、その区別をつけてアクセスを把握できる

同じメディア、同一URLへの複数の広告を出稿している場合、どの広告からアクセスしたユーザーかは参照元でもURLでも判別することが出来ません。

例えば、Yahoo!のリスティング広告でA、Bという広告を出稿していた場合、その判別は出来ず、どちらのアクセスも「参照元 : yahoo、メディア : organic」のみ計測されます。

また、自然検索結果とリスティング広告が両方表示されている場合、どちらも「参照元 : yahoo、メディア : organic」と計測され、区別ができなくなってしまいます。

URLパラメータ 取得 計測 仕組み 自然検索 リスティング広告の画像

そのため、パラメータを設定することで、自然検索結果とリスティング広告を区別することもできますし、広告を区別してアクセス解析をすることが出来るようになるのです。

ただし、Googleのリスティング広告は、Google Analyticsと連携設定することで、自動的に判別出来るように追って計測してくれるので、パラメータ設定は不要です。

URLパラメータの付け方・設定方法

初めにも書きましたが、前提としてGoogle Analyticsで計測する場合のパラメータの付け方を説明していきます。

パラメータの付け方は簡単で、対象のURLの後に「?」をつけてパラメータを追記するだけです。

https://www.shinnchai.com?utm_source=example

Google AnalyticsでのURLパラメータの一覧と設定ルール

Google Analyticsで計測する場合、以下の必要なルールがあります。

  • URLパラメータは「?」を使って末尾に設定すること
  • 「?」を2回使わないこと
  • 使用できるパラメータとその定義

URLパラメータは「?」を使って末尾に設定すること

先程も説明しましたが、URLパラメータは対象のURLの末尾に「?」をつけて設定してください。

間違っている例 https://www.shinnchai.com?utm_source=facebook/entry/
正しい例 https://www.shinnchai.com/entry?utm_source=facebook

「?」を2回使わないこと

URLパラメータは最初の「?」のみ認識されるので、「?」は2回使わないようにしましょう。 複数のパラメータを設定する場合は「&」でつなぎましょう。

間違っている例 https://www.shinnchai.com?utm_source=google?utm_medium=organic
正しい例 https://www.shinnchai.com?utm_source=google&utm_medium=organic

使用できるパラメータとその定義

Google Analyticsで使用できるパラメータにはルールがありまるので、使用できるパラメータ一覧を以下に示します。

一番重要なことは、使用するパラメータと参照元/メディアの対応ルールを決めて、それを変えないことです。

パラメータはツール毎のルール以外は自由に設定できるものです。そのため、この付け方が正しいというより、一度決めたルールを変えないことが重要です。

その中で特に重要なのは、「utm_sourceutm_medium」です。この2つは、定義に従って正しく設定してください。そうしないと、Google Analyticsは正しく計測してくれません。

パラメータ名 必要性 説明
utm_source 必要 どの参照元 (メディア、サイト) からアクセスされたのかの名称 google、yahoo、twitter、facebook、instagramなど
utm_medium 必要 媒体・メディアの種類の名称 cpc、affiliate、email、displayなど
utm_campaign 必要 対象となるキャンペーンの名称 (広告などで設定したキャンペーン) trial202005、wintersale2020、mailmag202004など任意の名前
utm_content 任意 個々の広告ごとのユニークなID (広告出稿時に設定されていることが多いです。) 1、a、1094など任意の文字列
utm_term 任意 有料広告での検索キーワード、配信日など car、job、20200401など

パラメータ「utm_medium」は注意

utm_mediumはよく設定ミスが起こりやすいので注意してください。以下に例を掲載しておきます。

広告種別 パラメータに設定する値
検索連動型広告 cpc
ディスプレイ広告 display
SNS social (SNSの有料広告を利用する場合、displayやcpcを利用する。)
メール email
アプリ app
オフライン広告 print

URLパラメータ付け方の例

よりパラメータを理解してもらうために、いくつか具体例を紹介します!

Yahoo!スポンサードサーチ (検索連動型広告) の付け方例

検索連動型広告は、utm_medium=cpcと設定することで、Yahooの自然検索結果からのアクセスと区別して計測できます。

パラメータ ?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=任意の値
URL https://www.shinnchai.com?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=wintersale2020

FacebookのURLパラメータ付け方例

facebookは通常アプリからのアクセスを判別することが出来ません。Google Analyticsでは「参照元 : direct」となっています。

しかし、URLパラメータを設定することで計測が可能となります。(通常のFacebookからのアクセスとFacebook有料広告のアクセスは区別した方がいいです。)

通常FacebookのURLパラメータ

パラメータ ?utm_source=facebook&utm_medium=social&utm_campaign=任意の値
URL https://www.shinnchai.com?utm_source=facebook&utm_medium=social&utm_campaign=profile

Facebook有料広告のURLパラメータ

パラメータ ?utm_source=facebook&utm_medium=display&utm_campaign=任意の値
URL https://www.shinnchai.com?utm_source=facebook&utm_medium=display&utm_campaign=wintersale2020

メールマガジンのURLパラメータ付け方例

通常メールマガジンからのアクセスは判別することが出来ません。Google Analyticsでは「参照元 : direct」となっています。

しかし、URLパラメータを設定することで計測が可能となります。

パラメータ ?utm_source=mailp(メールASPなど)&utm_medium=email&utm_campaign=任意の値
URL https://www.shinnchai.com?utm_source=mailp&utm_medium=email&utm_campaign=wintersale2020

URLパラメータ設定の際は「Google Campaign URL Builder」を使いましょう!

URLパラメータの設定用ツールがGoogleより提供されているので、手動設定によるミスを防ぐためにも使った方がいいです。

URLパラメータ 取得 設定 作成 Google Campaign URL Builderの画像

リンク先は英語で記載されていますが、ページ全体をGoogle翻訳すれば上記画像のように表示され、十分に説明も記載してあるので、ここでの説明は省きます。

ga-dev-tools.appspot.com

取得したURLパラメータのGoogle Analyticsでの確認方法

設定したURLパラメータは、Google Analyticsが自動的に判別して集計を行ってくれています。 そこで、主に「参照元/メディア、キャンペーン」を確認すると思いますので、それについて解説します。

「参照元/メディア」のGoogle Analyticsでの確認方法

「参照元/メディア」を確認する場合は、以下手順で確認が出来ます。

  1. Google Analytics画面の左側にあるメニューで「集客 > すべてのトラフィック > 参照元/メディア」をクリックする。
  2. 「参照元」の項目に「utm_source」で設定した値が反映されていることを確認する。
  3. 「メディア」の項目に「utm_medium」で設定した値が反映されていることを確認する。

これで、「参照元/メディア」の値でアクセスを区別して分析できるようになりました。

ただ一点、気をつけていただきたいのは、過去のデータは変更が出来ません!!

あくまでも、URLパラメータを設定した後に発生したアクセスしか計測が出来ないので、注意してください。

「キャンペーン」のGoogle Analyticsでの確認方法

「キャンペーン」を確認する場合は、以下手順で確認が出来ます。

  1. Google Analytics画面の左側にあるメニューで「集客 > キャンペーン > すべてのキャンペーン」をクリックする。
  2. 「utm_campaign」で設定したキャンペーンが表内に反映されていることを確認する。

こちらも「参照元/メディア」と同じく、URLパラメータを設定した後に発生したアクセスしか計測が出来ませんので注意してください。

まとめ

webマーケティングに欠かせないアクセス解析ですが、検索や有料広告、SNSやアプリ、オフラインではチラシなど、様々なメディアからのアクセスを正確に解析するためには、アクセス解析ツールを導入するだけでは十分ではありません

URLパラメータを取得・設定して、正確なアクセスデータを取得し、詳細な解析をwebマーケティングの改善行動に活かしてください!

実際どのように改善に活かしていくのか?などについては、後日記事にしたいと思います!

お坊さんマーケターのさとしでした!

            by Shinnchai[About]

昨日より今日、今日より明日を幸せに。

自分を偽らず、本当に自分の好きなことをする。
そうすることで、各々の毎日が少しでも幸せになれば。
そんな思いでこのブログを綴ります。

Pickup Article

【作成あり】XF16-55mm f2.8で最高に幸せになれた話 ~使用レビュー1年間分~

本記事では、Xシリーズレンズの大三元の一つである「XF16-55mm f2.8 R LM WR」を約1年間使ってみての評価・レビューをご紹介いたします!
僕は元々大三元レンズ不要派だったのですが、結局買ってしまいました。。。そして、思った以上に幸せになれたので、皆さんにも情報を共有できたらと思いご紹介いたします!...

【SEO対策の方法】ブログ・メディアのコンテンツマーケ担当者がすべき5つのこと

ついにFujifilmよりX-T4が発売となりました!僕はX-Tシリーズに手ぶれ補正が搭載されないと思い、X-H1に手を出してしまったので嬉しい半面ショックです。。。ただ、気を取り直してX-T4とX-T3との違いについてご紹介いたします!!...

【待望のX-T4発売】X-T4とX-T3・X-H1の相違点・進化ポイントを検証!

この記事をご覧になられている方は、webメディアのコンテンツマーケティング担当者の方、ブログで記事を作成されている方だと思います。しかし、「記事のSEO対策といっても何をすればいいのかわからない、記事を書く以外に結局何すればいいのかわからない」といった方が多いのではないでしょうか?そこで本記事では、webメディア・ブログのPV数アップに直結するコンテンツのSEO対策で基本となる5つのやるべきことをご紹介します!...

Read More