Shinnchai Log

マーケとお坊さん。時々、カメラ。

【作成あり】XF16-55mm f2.8で最高に幸せになれた話 ~使用レビュー1年間分~

xf16-55mm f2.8 r lm wrの作例 レビュー 逆光 ひたち海浜公園

こんにちは!週末写真家マーケターのさとしです。

本記事では、Xシリーズレンズの大三元の一つである「XF16-55mm f2.8 R LM WR」を約1年間使ってみての評価・レビューをご紹介いたします!

僕は元々大三元レンズ不要派だったのですが、結局買ってしまいました。。。そして、思った以上に幸せになれたので、皆さんにも情報を共有できたらと思いご紹介いたします!笑

XF16-55mm f2.8 R LM WRとは?

XF16-55mm f2.8は、2015年に発売されたXF標準ズームレンズのフラグシップモデルです。

焦点距離全域に渡ってf値2.8を保持し、いわゆる大三元レンズと呼ばれる各社の技術の粋を結集して制作した最高レベルのレンズとなります。

XF16-55mm f2.8 外観 レビュー 作例
photo by Amazon

そして画質や防塵防滴を優先したことで、手ぶれ補正がついていないのに、重さは655gとXFの他レンズと比較して重たいレンズとなっています。

詳細なスペックは以下になります!

レンズ名 XF16-55mm f2.8 R LM WR
レンズ構成 12群17枚 (非球面レンズ3枚、異常分散レンズ3枚)
焦点距離 16-55mm (35mm判換算24-84mm相当)
開放絞り-最小絞り f2.8 - f22
絞り形式 9枚 (円形絞り)
撮影距離範囲 広角 : 30cm ~ 望遠 : 40cm ~
最大撮影倍率 0.16倍 (テレ端)
レンズサイズ ø83.3mm×106.0mm (ワイド端) / 129.5mm (テレ端)
重さ (レンズキャップ・フード含まず) 655g
フィルターサイズ ø77mm

注目すべきは、12群17枚のレンズ群です!これらのレンズで、球面収差やディストーション、倍率色収差や軸上色収差を抑制して高い解像力を実現しています。

また、Fujifilm独自のナノGIコーティング技術により、斜めの入射光に対しても効果的にゴーストやフレアを低減するような仕様となっております。

XF16-55mm f2.8は何がいいのか?徹底レビュー!!

ここからは、僕が半年ほど使用して感じたXF16-55mm f2.8の評価・レビューをご紹介していきます!

焦点距離16mm~55mm (35mm換算24-84mm) のズームという素晴らしい利便性

XF16-55mm f2.8の素晴らしさは、焦点距離16mm~55mm (35mm換算24-84mm以下これを用います) のズームという利便性があってこそかと思います。

16mm~55mmという焦点距離は想像以上に便利で、通常のほとんどの用途をカバーできます!

焦点距離 16mmを用いた広大な風景

xf16-55mm f2.8 r lm wrの作例 レビュー 焦点距離16mm ズーム ひたち海浜公園
X-H1 / XF16-55mm f2.8 R LM WR / 16mm / SS 1/2400 / F8.0 / ISO 800



僕が大好きな焦点距離 23mm付近のスナップ風景

xf16-55mm f2.8 r lm wrの作例 レビュー 焦点距離23mm スナップ ズーム 京都
X-H1 / XF16-55mm f2.8 R LM WR / 26.6mm / SS 1/680 / F2.8 / ISO 800



焦点距離 35mm付近を用いて目についたものをそのまま写した風景

xf16-55mm f2.8 r lm wrの作例 レビュー 焦点距離35mm ズーム 青森
X-H1 / XF16-55mm f2.8 R LM WR / 36.5mm / SS 1/250 / F8.0 / ISO 800



焦点距離 55mmを用いて被写体を切り取った風景

xf16-55mm f2.8 r lm wrの作例 レビュー 焦点距離55mm ズーム ポートレート 京都
X-H1 / XF16-55mm f2.8 R LM WR / 55mm / SS 1/50 / F2.8 / ISO 800



全ての焦点距離でf2.8という利便性

焦点距離16mm~55mmのズームでありながら、全焦点距離でf2.8通しで使えるという利便性はとても素晴らしいです!

  • f値可変のズームレンズよりボケ量を稼げるので、表現の幅が広がる。
  • 暗い場所でのシャッタースピードの確保

まとめるとこんなメリットがありますが、 ズームではなく、単焦点を使用する方には「画質よりも、明るいf値による被写界深度の浅さ (=ボケ量が大きい) ことを期待して」の方も多いと思いますが、それがこのレンズは叶ってしまいます!

その結果、広角ながら背景をボカした撮影ポートレート撮影もこれ1本のレンズで可能になります!

xf16-55mm f2.8 r lm wrの作例 レビュー ポートレート ボケ ズーム ひたち海浜公園
X-H1 / XF16-55mm f2.8 R LM WR / 16mm / SS 1/1800 / F2.8 / ISO 800



xf16-55mm f2.8 r lm wrの作例 レビュー ポートレート ボケ ズーム 京都
X-H1 / XF16-55mm f2.8 R LM WR / 55mm / SS 1/170 / F2.8 / ISO 800



素晴らしい解像感と表現力

そしてなんといっても、その解像感と表現力には感嘆してしまいます。。。

特に秀逸なのは、アンダートーンの表現力。アンダートーンの中にも濃淡を感じることができ、積極的に露出アンダーで写真を撮りたくなってしまいます!

xf16-55mm f2.8 r lm wrの作例 レビュー 解像力 画質 青森
X-H1 / XF16-55mm f2.8 R LM WR / 55mm / SS 1/1900 / F2.8 / ISO 800

美しいボケ

円形絞りを使用しており、とても美しいボケを描き出します。

そのため、開放から積極的に使いたいと思わせられます!

xf16-55mm f2.8 r lm wrの作例 レビュー ボケ 川越
X-H1 / XF16-55mm f2.8 R LM WR / 55mm / SS 1/110 / F2.8 / ISO 800

動体も撮影できるAF

fujifilmのLM (リニアモーター) を冠さないレンズよりもAFが速いため、ボディとの組み合わせ次第で動体撮影も可能です!

やっぱり安心な防塵防滴仕様

撮影と決めていた日や旅行が雨の日だったままあります。その時は防塵防滴仕様はストレスなく撮影を行えるので、気分を害することなく撮影や旅行に集中できます!

もちろん、片付ける際のアフターケアは行ってくださいね!最低限水滴は拭き取って片付けてください笑

xf16-55mm f2.8 r lm wrの作例 レビュー 防塵防滴 箱根
X-H1 / XF16-55mm f2.8 R LM WR / 35mm / SS 1/150 / F4.0 / ISO 800

ずっしりはくるがそこまでに気にならない重さ

fujifilmのシステムは軽量小柄なため、大半の方が重さと大きさはどうなのか?を気にされると思います。

僕はX-H1とXF16-55mm f2.8の組み合わせを旅行に持っていったりするのですが、大きさは少し気になる方もいらっしゃると思いますが、重さは全く気にならないですね! (※ 個人差はあると思います。)

たしかに、他のレンズと比べたらズッシリはきますが、ストレスになる重さではないので多用しております!

むしろ、写りや利便性の高さで幸せにしかならなかったです。。。笑

XF16-55mm f2.8のデメリットは?

大きく重いこと

え、さっき重くないって言ったじゃん!?って思っている方もいらっしゃると思いますが、外出の目的によってはこのレンズの大きさと重さは十分なデメリットになります。。。

通常の旅行や観光は問題ないですが、ディズニーやUSJなどテーマパークの場合は全く適しておりませんので、その場合はサブカメラやiPhoneになるかと思います。ディズニーやUSJだと通常のX-Tシリーズと単焦点の組み合わせも適してないかもしれませんが。。。

手ぶれ補正がないこと

これが一番のデメリットかと思います。僕もこれで悩んだ末、X-H1と同時購入してしまいました。。。笑

手ぶれの解決には三脚という解決法もありますが、室内や夕方、夜など様々なシチュエーションやで撮影した自分にとっては、三脚不可の場所があったり手持ちでしかできない表現ができなくなったり、撮影の幅を狭めることになってしまいますので、とても大切な要素の一つでした。

それに、撮れたと思って後で見返したら手ぶれというのは一番悲しいですし。。。笑

ただ、今はX-T4に手ぶれ補正機能が搭載されましたので、X-T4とXF16-55mm f2.8の組み合わせで最強に幸せになれるかと思います! (お値段は張りますが。。。笑)

ちなみに、X-T4の解説記事はこちらです。

www.shinnchai.com

まとめ

ここまでXF16-55mm f2.8を徹底レビューしてきましたが、これを買って幸せになれる方、なれない方をまとめてみます!

  • XF16-55mm f2.8で幸せになれる方
    • 単焦点の切り替えはめんどくさいが写真のクオリティ優先の方
    • XF18-55mm f2.8-4だと望遠端のボケ量が物足りない方
  • XF16-55mm f2.8で幸せになれない方
    • やっぱり単焦点はロマン!!の方
    • 望遠端のボケ量より軽さや携帯性を重視する方

僕は、X-T1と単焦点・XF18-55mm f2.8-4からX-H1とXF16-55mm f2.8を組み合わせることでとても幸せになれました。。。

FUJIFILM 標準ズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

FUJIFILM 標準ズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

  • 発売日: 2015/02/26
  • メディア: エレクトロニクス
Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

また、重さや手ぶれ補正が気になる方は、XF18-55mm f2.8-4やXF16-80mm f4と比べてみるといいかと思います!どちらも素晴らしいレンズなので。 (以下がその記事です!)

www.shinnchai.com

それでは、お付き合いありがとうございました!

            by Shinnchai[About]

昨日より今日、今日より明日を幸せに。

自分を偽らず、本当に自分の好きなことをする。
そうすることで、各々の毎日が少しでも幸せになれば。
そんな思いでこのブログを綴ります。

Pickup Article

【作成あり】XF16-55mm f2.8で最高に幸せになれた話 ~使用レビュー1年間分~

本記事では、Xシリーズレンズの大三元の一つである「XF16-55mm f2.8 R LM WR」を約1年間使ってみての評価・レビューをご紹介いたします!
僕は元々大三元レンズ不要派だったのですが、結局買ってしまいました。。。そして、思った以上に幸せになれたので、皆さんにも情報を共有できたらと思いご紹介いたします!...

【SEO対策の方法】ブログ・メディアのコンテンツマーケ担当者がすべき5つのこと

ついにFujifilmよりX-T4が発売となりました!僕はX-Tシリーズに手ぶれ補正が搭載されないと思い、X-H1に手を出してしまったので嬉しい半面ショックです。。。ただ、気を取り直してX-T4とX-T3との違いについてご紹介いたします!!...

【待望のX-T4発売】X-T4とX-T3・X-H1の相違点・進化ポイントを検証!

この記事をご覧になられている方は、webメディアのコンテンツマーケティング担当者の方、ブログで記事を作成されている方だと思います。しかし、「記事のSEO対策といっても何をすればいいのかわからない、記事を書く以外に結局何すればいいのかわからない」といった方が多いのではないでしょうか?そこで本記事では、webメディア・ブログのPV数アップに直結するコンテンツのSEO対策で基本となる5つのやるべきことをご紹介します!...

Read More