Shinnchai Log

マーケとお坊さん。時々、カメラ。

【待望のX-T4発売】X-T4とX-T3・X-H1の相違点・進化ポイントを検証!

X-T4 レビュー X-T3 X-H1 比較 発売
photo by Fujifilm

こんにちは!週末写真家マーケターのさとしです。

ついにFujifilmよりX-T4が発売となりました!僕はX-Tシリーズに手ぶれ補正が搭載されないと思い、X-H1に手を出してしまったので嬉しい半面ショックです。。。笑

ただ、気を取り直してX-T4X-T3との違いについてご紹介いたします!

X-T4がついに発売!

Fujifilmが2020年2月26日に、2020年4月発売予定でX-Tシリーズの最新機種となる「X-T4」の発売発表がありました。

X-T4 レビュー X-T3 X-H1 比較 発売 外観
photo by Fujifilm

X-T3、X-H1とのスペック比較は以下のようになっております! センサーや画像処理エンジンはX-T3と同じものを搭載しているため、基本機能に大きな差はないと思われます

太字の部分が異なっているスペックになります。

商品名 X-T4 X-T3 X-H1
価格 ¥202,455 (税込) ¥157,000 (税込) ¥113,980 (税込)
有効画素数 約2610万画素 約2610万画素 約2430万画素
撮像素子 X-Trans CMOS 4 X-Trans CMOS 4 X-Trans CMOS III
連続撮影速度 約15コマ/秒 約11コマ/秒 約11コマ/秒
連続撮影可能枚数
非圧縮RAW:35枚
JPEG:110枚

非圧縮RAW:36枚
JPEG:145枚

非圧縮RAW:24枚
JPEG:70枚
シャッタースピード 15分〜1/8000秒、 バルブ(最長60分) 15分〜1/8000秒、 バルブ(最長60分) 15分〜1/8000秒、 バルブ(最長60分)
ISO感度
ISO160~12800
拡張時80~51200

ISO160~12800
拡張時80~51200

ISO200~12800
拡張時80~51200
バッテリー容量(撮影枚数) 約500枚 約390枚 約310枚
寸法 134.6×92.8×63.8mm 132.5×92.8×58.8mm 139.8×97.3×85.5mm
手ブレ補正
ボディ内5軸補正
最大6.5段
-
ボディ内5軸補正
最大5.5段
ファインダー
0.5型有機ELファインダー
約369万ドット
(視野率約100%)

0.5型有機ELファインダー
約369万ドット
(視野率約100%)

0.5型有機ELファインダー
約369万ドット
(視野率約100%)
液晶モニター
3.0型
バリアングル式タッチパネル付
約162万ドット

3.0型
チルト式タッチパネル付
約162万ドット

3.0型
チルト式タッチパネル付
約162万ドット
質量(本体のみ) 約526g 約489g 約623g
カードスロット
デュアルスロット
SDカードUHS-II対応

デュアルスロット
SDカードUHS-II対応

デュアルスロット
SDカードUHS-II対応
動画記録方式 4K/フルHD 4K/フルHD 4K/フルHD/HD

X-T4の進化ポイント (X-T3・X-H1比較)

そんなX-T4ですが、X-T3やX-H1に比べて具体的にどこが進化したのでしょうか?

主なポイントを噛み砕いて説明すると以下になります!

  • より早く正確なAF
  • 待望の手ブレ補正の搭載
  • 動画性能の向上
  • 新しいオートホワイトバランス「ホワイト優先、雰囲気優先」
  • 新しいフィルムシミュレーション「ブリーチバイパス」
  • よりパワフルなバッテリー

AFについては大きくは変わっていないと思われるので、その他について詳しく説明していきます!

待望の手ぶれ補正の搭載

何と言ってもこれでしょう!X-Tシリーズに待望の手ブレ補正機能が搭載されました!

X-T4 レビュー X-T3 X-H1 比較 発売 ボディ内 手ぶれ補正
photo by Fujifilm

補正量は以下の通りです!X-T4もX-H1も全てのレンズで6.5段分補正されるわけではありませんが。。。その話は以下記事を参照ください。

商品名 X-T4 X-H1
手ブレ補正
ボディ内5軸補正
最大6.5段

ボディ内5軸補正
最大5.5段

www.shinnchai.com

X-T3から65g重くなっていますが、それだけで6.5段分の手ぶれ補正が搭載されるとは素晴らしいです!単焦点レンズに魅力あるラインナップが多いfujifilmのXシリーズにとっては、表現の幅がとても広がる嬉しい機能です。

ただ、僕としましては嬉しくも悲しいと言いますか。。。XF16-55mm f2.8mmと手ぶれ補正の欲しさにつられて去年X-H1を買ってしまったんですよ。。。

www.shinnchai.com

いや、X-H1もとても素晴らしいカメラですし、とても幸せなカメラライフを満喫しているんですよ?ただ、X-T3のスペックを進化させたカメラに手ぶれ補正とは。。。買い替えも検討しているくらいです。笑

動画性能の向上

動画性能は、Flogカーブをあてながらのlog撮影、240pでのスロー撮影、リグを組んだ時の使いやすさなど様々な点でX-T4の動画性能の素晴らしさを感じることはできます。

ただ僕は動画撮影をほぼ使用していないので、動画性能に関してはFujifilmの公式HPを御覧ください。

次行きます!笑

fujifilm-x.com

新しいオートホワイトバランス

X-T4で新しく搭載された「ホワイト優先、雰囲気優先」のホワイトバランス機能も大きなポイントの一つです。

富士フィルムのオートホワイトバランスは、マニュアルのケルビン設定では再現できない複雑な処理が行われているのですが、そこに「ホワイト優先、雰囲気優先」のオートホワイトバランスが追加されました。

ホワイト優先は白色の再現を優先するホワイトバランスで、雰囲気優先は環境光の影響 (暖色系でより温かみのある雰囲気) を残すホワイトバランスになります!

これによって新しい表現が可能になるので、とても期待しています!

新しいフィルムシミュレーション「ブリーチバイパス」

X-T4で新しく搭載された「ブリーチバイパス」ですが、昔からフィルムに使用されていたいわゆる銀残しという表現手法になります。 この銀残しを簡単に説明すると、彩度を低く抑えつつも、コントラストのある仕上がりの絵となります。

僕はこの表現手法がとても好きで、カメラのカスタム設定でクラシッククロームをカスタムして作っているほどです!

では、実際どのような色になるかはfujifilm公式の説明を御覧ください。 (エルテナとブリーチバイパスの比較が見れます。)

fujifilm-x.com

よりパワフルなバッテリー

X-T3は390枚、X-H1は310枚だった撮影可能枚数が、新しいバッテリーにて500枚に大幅に向上しています!

これは本当にありがたいですね〜システムをコンパクトにしたいのにバッテリー数が増えてしまっては元も子もないので。。。

一つ問題があるとすれば、全く新しいバッテリーなのでこれまでのバッテリーが使えない可能性があることですね。

X-T4 レビュー X-T3 X-H1 比較 発売 バッテリー
photo by Amazon

背面液晶のバリアングルは改悪ポイント

僕は基本的にポートレートや風景写真撮影にしか使わないため、背面液晶を使用する際はローアングルやハイアングル時でした。そのため、1動作で液晶の角度を変更できるチルト式はとても便利でした!

今回X-T4は、動画撮影を意識してバリアングル式の液晶としたとのことですが、写真撮影時に上下方向に液晶を動かそうとすると光軸から外れてしまうし、撮影可能な位置に動かすのに2動作必要になります。。。

この部分が写真撮影のストレスにならないかな〜と心配してますし、僕個人としては残念です。。。

X-T4 レビュー X-T3 X-H1 比較 発売 バリアングル 液晶
photo by Fujifilm

まとめ

コンパクトなシステムで素晴らしい画作りができるX-Tシリーズの最新機種。このシリーズに待望の手ぶれ補正機能を搭載したfujifilmは素晴らしい仕事をしてくれましたと言わざるを得ません!笑

僕はそれほどX-Tシリーズへの手ぶれ補正を望んでいましたし、それをきっかけとしてX-H1へ乗り換えてしまったので、今X-Tシリーズに手ぶれ補正が搭載されたX-T4はメイン機として買ってしまうかもしれません笑

値段は20万円と高価ですが、多分僕と同じような思いを持っていた方はいらっしゃると思います。その方は買いだと想ってます笑

ただ、このカメラの登場でX-T3・X-H1なども値段が下がると思うので、型落ち機を購入するのもありかと思います。X-T3もX-H1もとても素晴らしいカメラなので。

それでは、楽しいカメラライフを!

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-H1ブラック X-H1

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-H1ブラック X-H1

  • 発売日: 2018/03/01
  • メディア: エレクトロニクス
Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

            by Shinnchai[About]

昨日より今日、今日より明日を幸せに。

自分を偽らず、本当に自分の好きなことをする。
そうすることで、各々の毎日が少しでも幸せになれば。
そんな思いでこのブログを綴ります。

Pickup Article

【作成あり】XF16-55mm f2.8で最高に幸せになれた話 ~使用レビュー1年間分~

本記事では、Xシリーズレンズの大三元の一つである「XF16-55mm f2.8 R LM WR」を約1年間使ってみての評価・レビューをご紹介いたします!
僕は元々大三元レンズ不要派だったのですが、結局買ってしまいました。。。そして、思った以上に幸せになれたので、皆さんにも情報を共有できたらと思いご紹介いたします!...

【SEO対策の方法】ブログ・メディアのコンテンツマーケ担当者がすべき5つのこと

ついにFujifilmよりX-T4が発売となりました!僕はX-Tシリーズに手ぶれ補正が搭載されないと思い、X-H1に手を出してしまったので嬉しい半面ショックです。。。ただ、気を取り直してX-T4とX-T3との違いについてご紹介いたします!!...

【待望のX-T4発売】X-T4とX-T3・X-H1の相違点・進化ポイントを検証!

この記事をご覧になられている方は、webメディアのコンテンツマーケティング担当者の方、ブログで記事を作成されている方だと思います。しかし、「記事のSEO対策といっても何をすればいいのかわからない、記事を書く以外に結局何すればいいのかわからない」といった方が多いのではないでしょうか?そこで本記事では、webメディア・ブログのPV数アップに直結するコンテンツのSEO対策で基本となる5つのやるべきことをご紹介します!...

Read More